efoの効果

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コンバージョンを手早く更に確実に伸ばす方法をご存知でしょうか。Webサイトを大きくリニューアルしたり、大々的に広告を打てば良いのではないかと考える方もいることでしょう。しかし、広告やサイトのリニューアルオープンは、それなりに時間もお金もかかる割には確実に伸びるとは言い切れないのが現実です。では、その目的を達成するためには何が必要なのでしょうか。

サイトに来て、エントリーフォームまで行くユーザーは、その熱意をもってそのサイトまで来ているユーザーです。しかし、エントリーフォームを見てストレスを感じてしまったら、そこで諦めてしまう人も少なくはありません。そのためエントリーフォームの最適化つまりefoは重要になります。

efoefoとしてまず行うべきことは、エントリーフォームから余計なリンクを外すことです。通常のサイトなら、上下に自社のHPに飛べたりサイトマップに飛べるようにされていますが、エントリーフォームを入力中にそのリンクを触ってしまったら、今までの入力がすべて消えてしまい、すぐにもう一度入力しなおそうという気力にはなれないものです。それと同じことで、リセットボタンも誤って触ってしまったら初めからになってしまい、そこでエントリーフォーム以前にサイト自体からも離脱する原因となってしまいます。

また、近年はスマートフォンからの入力も多いため、入力時の幅や入力ボックスの切り替えなどでもストレスを感じているユーザーもいます。そのため、入力項目を必要最低限にし、全角半角といった文字の種類も指定しないことで、エラーとなる元を減らしてゆくことも重要です。さらに、入力をすべて終えてからエラーでやり直しを要求されるよりもその場でエラーが分かったり、必要最低限の事だけで入力を完了させることが出来るエントリーフォームは、その効果は絶大です。

このようにefoの効果によりコンバージョンを伸ばしたいとお考えの方にこちらでは、efoについて紹介します。